青天の霹靂 米日記

JR東日本「地域素材応援プログラム」で「青天の霹靂」展開中です

JR東日本「地域素材応援プログラム」で「青天の霹靂」展開中です

10月7日の29年産「青天の霹靂」の販売開始に合わせ、JR東日本さんが取り組んでいる「地域素材応援プログラム」で、首都圏の駅のお店などで、「青天の霹靂」の様々な商品が販売されています。 例えば、東京駅や上野・大宮・赤羽のエキュート内にあるおむすび専門店「ほんのり屋」さんでは・・・ 王道ですね~、「青天の霹靂」のおむすびが販売されていたり、紀ノ国屋さんの青山店や吉祥寺店などでは・・・ おおーっ!

→ 続きを読む

平成29年産「青天の霹靂」の販売が始まりました!

平成29年産「青天の霹靂」の販売が始まりました!

10月7日、待ちに待った「青天の霹靂」の新米が販売開始となりました~! 青森市内の販売店では、開店前に行列ができるなど、消費者の皆さんの期待の高さを感じました。そして、開店と同時に、多くの方が新米ほやほやの「青天の霹靂」をご購入! ありがとうございます。 販売開始前日に県庁で出陣式を行った「青天の霹靂」PR隊14名も、販売開始日は9店舗でPR活動を行い、お客様へ直接「青天の霹靂」の魅力を伝えま

→ 続きを読む

今日の米作り~「青天の霹靂」の初出荷式~

今日の米作り~「青天の霹靂」の初出荷式~

平成29年10月3日(火)、平川市にある津軽みらい農協「平川低温農業倉庫」で、平成29年産「青天の霹靂」の初出荷式が行われました。倉庫に保管されていた「青天の霹靂」がトラックに積み込まれました。この日出荷されたのは、3台のトラックに合計594俵(35.6トン)です。津軽みらい農協特A米プレミアム研究会の工藤憲男会長は、「天候不順もあって心配したが、粘り、つや、香りも十分で、非常にいいものが出来た。

→ 続きを読む

今日の米作り~今年も「青天の霹靂」の稲刈りが始まりました~

今日の米作り~今年も「青天の霹靂」の稲刈りが始まりました~

9月16日(土)に、平川市西野曽江の「青天の霹靂」技術普及拠点ほで稲刈り作業が行われました。コンバインを操縦しているのは担当農家の工藤憲男さんです。好天に恵まれ、青空の下で順調に刈取りが進みます。30分くらいで一枚の田んぼが刈り終わりました。籾は、トラックに乗せ、乾燥機まで運びます。工藤さんは、マスコミの取材に、「本格的に作付けして3年目であるが、今刈り取った時点では、最高の出来だと思っている。こ

→ 続きを読む

今日の米作り~「青天の霹靂」の来年産用種子のほ場を審査(2回目)しました~

今日の米作り~「青天の霹靂」の来年産用種子のほ場を審査(2回目)しました~

8月28日、平川市の平賀水稲採種組合が作付けしている「青天の霹靂」の来年産用種子のほ場で第2回目の審査を行いました。審査に先立ち、平賀水稲採種組合の皆さんと打合せです。今回もマスコミの方々に取材をしていただきました。生育は順調で、異品種の混入や病害も無く、良好でした。平賀水稲採種組合の須々田副組合長は、「良い種子を提供できるよう、収穫に向けて、最後まで気を抜かずに管理します。」と意気込みを語ってい

→ 続きを読む