青天の霹靂 米日記

海峡サーモンと青天の霹靂

「海峡サーモン」とはドナルドソンニジマスを淡水で2年間育てたあと、津軽海峡の沖合で養殖したサーモンです。

IMG_5721 (600x400).jpg
水が冷たく潮の流れが速い津軽海峡で育ったサーモンは、身の締まりが良く、甘味のある脂と旨みが乗った身が特徴です。
5月から7月は冷凍していない「生」で食べられる旬の時期です。

IMG_5743 (600x389).jpg
ご覧ください、この断面!

IMG_5739 (600x400).jpg
このままかぶりつきたい気持ちをぐっと抑えて、「青天の霹靂」と一緒にいただきます。

IMG_5772 (600x400).jpg
今年は特にサーモンの成長が良く、生産者の北彩漁業生産組合の濵田組合長も「今までで最高の出来!」とおっしゃっていました(^^)
早く、早くとご飯が炊けるのを炊飯器の前で待ちます。

IMG_5730 (600x400).jpg
脂がのった海峡サーモン、とろけます(^^)
組合長がおっしゃったとおり、今年は特に美味しいと思います!

IMG_5783 (600x400).jpg


そんな海峡サーモンが楽しめるイベントのお知らせです。

6
19日(日)は大畑町の漁港で「海峡サーモン祭」が行われます。
サーモンの即売会やたもすくい、つかみどりなど家族で楽しめるイベントが盛りだくさんです。
例年よりも大きなサーモンが購入できるお得なイベントになっています。

・たもすくい、一本釣り、つかみどり(料金各1,900円)
・サーモンレース(料金400円)
・養殖体験航海(料金小学生以下100円、中学生以上200円)
・親子で棒パン作り体験(無料、先着100名)
・海峡サーモン即売会
・大畑中学校吹奏楽部&大畑ウインドオーケストラ演奏会(午後0時30分)
・お楽しみ抽選会(午後0時45分)※午前11時30分抽選券配布
・その他料理コーナー、出店コーナーあり

ぜひお出かけください(^^)
※詳しくはこちらから