青天の霹靂 米日記

津軽海峡宝漬と青天の霹靂

毎朝4kmの道のりを歩いて通勤していますが、日に日に気温が上がり、ずいぶんと汗ばむようになってきました。途中、海沿いにある公園内を歩きますが、海からの風が心地よいですね。

さて、今日の「青天の霹靂」のおかずは、公園が面している海、津軽海峡の名をとった、「津軽海峡宝漬」です。

01_パッケージ.JPG

小分けパッケージひとつでお茶碗一杯分の分量、ということですね。青森には、以前このブログでも紹介した「ねぶた漬け」や「つがる漬け」など、ご飯のお供にピッタリのネバネバ系がたくさんありますが、宝漬もその一つですね。

02_数の子.JPG

醤油漬けになった数の子、良い色してますね~。この時点で、間違いなくご飯にピッタリ!と確信させる安定感のようなものを感じます。

さて、今日も元気に土鍋で「青天の霹靂」です。

03_炊き上がり.JPG

今日も完璧な炊き上がりです。ご飯の粒が一つ一つ主張してます。宝漬のパッケージには、「あつあつご飯にのせるだけ!」との表示。やっぱり、お手軽なのが一番です。

04_ご飯にのせる.JPG

ということで、私もあつあつの「青天の霹靂」に宝漬をのせ、混ぜ込み、ご飯とともにリフトアップ。

05_たべる.JPG

ネバネバのせいで何度も失敗。ようやく上げてみれば・・・いいですね~、この糸を引くネバネバ。宝漬と「青天の霹靂」は、スルッと口の中に入っていきました。

噛みしめると・・・コリコリとした数の子の食感、大好きです。塩分控えめの醤油漬と「青天の霹靂」は、間違いなく相性ピッタリ。ネバネバもせいもあり、スルッと喉を通過していきました。やっぱり、安定感抜群のおいしさです。ん~、今日もご飯が進みすぎ・・・。

ますます暑くなり、食欲が減退する季節になっていきますが、「青天の霹靂」があれば、食欲減退もないかな・・・。

ハッピーハンド