青天の霹靂 米日記

アワビと青天の霹靂

買い物に行ったら、まあまあお手頃?な値段で「青森県産アワビ」が売っていたので、年末だしブログの記事も豪華にいこう!と思い購入。
ということで、今回の「今日のおかずと青天の霹靂」は、アワビ(刺身)です。

アワビ_①.jpg

アワビをさばいたことがなかったので少し心配でしたが、インターネットで調べてやってみることに。
まずは、アワビに塩をふり、2、3分たったら水で流し、続いて、たわしで汚れ等を洗い落としました。
そして、わが家にあった、丈夫そうな大きめのスプーンを殻と身の間に差し込み、身をはがしました。
あれ!意外と簡単。
それを、食べやすい薄さに切って刺身の完成!

アワビ_②.jpg

せっかくなので、肝を茶こしでこして醤油と混ぜ、肝醤油をつくりしました。
こちらも、簡単。

アワビ_③.jpg

それでは、いただきます。
まずは、何もつけずに刺身を食べます。
刺身は、コリコリした歯ざわりで、上品な磯の風味と甘さがたまりません。
続いて、肝醤油をつけて食べます。
肝のほろ苦く旨味がギュッとつまった濃厚な味の後に、アワビの身の上品な甘さがやってきます。
それに続いて「青天の霹靂」を食べると、アワビの美味しさが更に広がります。
いやー旨い。

家族で食べたら、あっという間になくなってしまいました。

アワビ_④.jpg

アワビさん。至福の一時をありがとう。

AZU