青天の霹靂 米日記

けの汁と青天の霹靂

新年明けましておめでとうございます。
今年も「青天の霹靂」に関する美味しい・楽しい情報をお届けしていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年最初のおかずは、津軽の代表的な郷土料理「けの汁」をご紹介します。
大根や人参、根菜類や山菜類、大豆製品などを刻んで煮たもので、各家庭の味があるそうです。
南部生まれの私にとっては馴染みがなく、初めて食べたときは、その美味しさに感激した記憶があります。

IMG_9305 (600x400).jpg

米が貴重だった時代、山菜や野菜を米に見立てて細かく刻んで食べたのが始まりと言われています。
また、「けの」は「粥」が訛ったものと言われ、豪雪で春の七草が摘めない東北地方の北部には、主に小正月に食べられるけの汁に七草粥の意味が込められているのだとか。

IMG_9334 (600x400).jpg

新年最初の「青天の霹靂」も美味しく炊けました♪
お正月休みに暴飲暴食した胃に染み渡ります(笑)

皆様にとって素敵な1年となりますように。


くわ