メニューアイコン
青天の霹靂 米日記

今日の米づくり~中南地域の「青天の霹靂」の苗が順調に生育しています~

5月11日(木)に、中南地域「青天の霹靂」生産指導プロジェクトチームが第2回連絡会議と育苗現地巡回を行いました。
場所は、平川市杉館の「津軽みらい農協特A米プレミアム研究会」会員の阿部久雄さんの水稲育苗ハウス前です。

中南地域県民局地域農林水産部長から「今年度から、米穀店等からの要望に対応して特別栽培に取り組む。チーム一体となって「青天の霹靂」の良食味・高品質生産と、特別栽培「青天の霹靂」が計画どおり生産できるよう気持ちを新たにして頑張っていこう。」と、あいさつがありました。

1 IMG_0837 (800x600).jpg
次に、農業普及振興室から「青天の霹靂」の作付けや「技術普及拠点ほ」の設置計画等について説明を行い、チーム員がハウスに入り、特別栽培「青天の霹靂」の苗の生育状況を確認しました。
阿部さんは今年から特別栽培「青天の霹靂」に取組みますが、苗の生育は順調で、5月17日頃から田植えを予定しているとのことでした。

2 IMG_0861 (800x600).jpg
今年から「青天の霹靂」の特別栽培に取組むこともあり、多くのマスコミの方にも取材していただきました。

3 P5110050② (800x605).jpg
続いて、平川市舘田の「津軽みらい農協特A米プレミアム研究会」前会長の古川寛三さんの育苗ハウスです。
ここでは普通栽培の「青天の霹靂」の育苗状況を確認しました。

4 IMG_0909 (800x600).jpg
古川さんから育苗の状況など説明をしていただきました。
「青天の霹靂」の品種特性を熟知している古川さんの苗は、揃いも良く、生育は順調で、田植えは5月20日からを予定しているとのことでした。

5 IMG_0884 (800x600).jpg
「青天の霹靂」の苗は順調に生育しています。
まもなく中南地域でも田植えが本格化します。

(中南地域県民局地域農林水産部)