青天の霹靂 米日記

今日の米づくり~「青天の霹靂」の種まきが行われました~

水稲の種まきが中南管内でも順調に進んでいます。

平川市にある「本町水稲生産組合」では水稲の種子生産を担っており、平成30年4月13日(金)から、種まき作業が始まりました。

この日は「青天の霹靂」の種子生産用の種まきが行われていました。

準備された種籾です。

01_種籾IMG_6136.JPG

作業は「は種機」を使って、流れ作業で行われます。

この日のは種量は、育苗箱で4,000枚!

ものすごいスピードで流れてくるので、この日も15人がかりでの作業です。

土入れと水.jpg

育苗箱に土を詰め、水をかけ、種が播かれます。

種の上に土をかぶせてできあがり。
02_は種覆土IMG_6141.JPG

できあがった育苗箱は、トラックで近くの育苗ハウスに運ばれて並べられます。

03_できあがりIMG_6137.JPG


これからも、現地の様子をお知らせします。

(中南地域県民局地域農林水産部)