青天の霹靂 米日記

生産指導プロジェクトチーム、今年も始動します

青天の霹靂の高品質栽培を支える、「青天の霹靂」生産指導プロジェクトチームが始動します。

★.jpg

東青、中南、西北の3地域県民局の農業普及振興室や農林総合研究所、全農あおもり、米穀集荷共同組合等、総勢約70名で活動を展開するにあたり、チームリーダーである各農業普及振興室長が5年目の生産指導に向け、知事に抱負を発表しました。

★★★.jpg

今年度は、これまでの研修会や栽培マニュアル等による指導に加え、水田1枚ごとに施肥管理等を具体的にアドバイスする「青天ナビ」を活用しながら、安定して生産するために大切な稲の初期成育の確保や適性な追肥、適期収穫などの指導を強化し、個々の生産者をしっかりと支えていきます。

★★.jpg

5周年を迎える青天の霹靂の米づくりが、いよいよ始まります。