青天の霹靂 米日記

今日の米作り~「青天の霹靂」の来年産用種子のほ場を審査しました~

今日の米作り~「青天の霹靂」の来年産用種子のほ場を審査しました~

8月3日に、平川市の平賀水稲採種組合が作付けしている「青天の霹靂」の来年産用の種子のほ場を審査しました。 まずは、平賀水稲採種組合の皆さんと、農業普及振興室の審査員とで審査の打合せです。打合せ後、審査員10人が5班に分かれ各ほ場をまわりました。審査のポイントは、形質が異なる稲や病害がないか、生育は良好か、栽培管理は適切かなどです。水稲の種子は青森県内3か所の採種組合で生産されていますが、「青天の霹

→ 続きを読む

今日の米作り~「青天の霹靂」の走り穂を確認しました~

今日の米作り~「青天の霹靂」の走り穂を確認しました~

7月25日に、県内28か所にある「青天の霹靂」技術普及拠点ほの中で一番早い「走り穂(はしりほ)」を確認しました。「走り穂」とは、その田んぼで初めて出た穂のことです。場所は、平川市蒲田(がまた)の一戸喜美男さんの「青天の霹靂」技術普及拠点ほです。ここの田んぼは、田植えは5月15日で比較的早いことに加え、7月に入ってからの好天もあって生育が進み、昨年より4日も早く「走り穂」が見られました。イネにとって

→ 続きを読む

今日の米作り~「青天の霹靂」の追肥講習会と生育調査~

今日の米作り~「青天の霹靂」の追肥講習会と生育調査~

7月4日に、中南地域「青天の霹靂」生産指導プロジェクトチームは、津軽みらい農協の協力を得て、「青天の霹靂」の追肥講習会を5か所で開催しました。ここは平川市蒲田(がまた)の「青天の霹靂」技術普及拠点ほです。追肥作業はコメの食味・品質を左右する最も重要な作業なので、栽培マニュアルに従って行うよう説明しました。「青天の霹靂」は、幼穂形成期(穂のもとが2mmになった時期)に、草丈、茎数、葉の色で栄養診断を

→ 続きを読む

JR東日本ホテルズ「青森フェア」で「青天の霹靂」が食べられます!

JR東日本ホテルズ「青森フェア」で「青天の霹靂」が食べられます!

今月1日から8月31日(木)までの期間、JR東日本ホテルズ(ホテルメトロポリタンエドモント、ホテルメトロポリタン高崎、ホテルニューグランド)で青森の極上の食材が味わえる「青森フェア」を開催しています! メニューの中には、もちろん「青天の霹靂」も(^^)例えば、日本料理「平川」(ホテルメトロポリタンエドモント)では「青天の霹靂」土鍋ご飯としじみ汁、レストラン「ブラッスリーローリエ」(ホテルメトロポリ

→ 続きを読む

今日の米づくり~特別栽培「青天の霹靂」の生育は引き続き順調です~

今日の米づくり~特別栽培「青天の霹靂」の生育は引き続き順調です~

6月30日に、「青天の霹靂」の生育を調査しました。ここは黒石市追子野木にある葛西清美さんの「青天の霹靂」技術普及拠点ほで、今年から特別栽培を始めたほ場です。担当農家の葛西さんが見守るなか、農業普及振興室の職員がイネの草丈、茎数、葉数を測定しました。その結果、草丈47.3cm、茎の数18.1本/株、葉の数8.7枚で、生育は通常の栽培方法であった前年並みに順調であることが確認できました。葛西さんは、「

→ 続きを読む