青天の霹靂 PR隊

今日のおかずと青天の霹靂~三浦隊員~

「今日のおかずと青天の霹靂」のPR隊編、第5回目は三浦隊員です。

miura.jpg
青森のりんごと手羽元を使ったおひさまシチューをご紹介。
津軽弁の解説とともにお楽しみください♪



おひさまで青天の霹靂シチュー~

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
青天の霹靂PR隊の大和です。

普段、料理をしない私が、
自分で作ってみたおかずの紹介です(*ゝω・*)

おいしいお米、「ごはんはそのまま食べてこそ」と思いますが
今回は ルーものと合わせてみましょう。
(私、カレーライスとかハヤシライスとか好きなのです。親子丼もつゆだくが好き(●´ω`●))

まず、青天の霹靂を準備。 食べかけなのはご愛嬌。

kome (600x338).jpg
先に今回のお米の研ぎ方は、おすすめ方法とは若干違いますが、
三浦家流の研ぎ方を紹介します。

最初は、素早く!ということで、私は水を先に入れて、そこに米を投入します。

mizu (600x364).jpg
シャシャシャとかき混ぜ水を捨てる。
最初は研ぐのではなく、ホコリを落とす工程と考えましょう。
次に、水がない状態でクルクルクルと研ぎます。
これでお米同士の摩擦で米が研がれます。


togi (600x338).jpg
で、水入れ軽くかき混ぜて(研ぐわけではない)水を流します。
この作業を二回程度。 
最近は精米技術が向上してるのでこんなものでいいと思います。
(とぎ汁の加減で判断してください)

さて、水加減。三合に対して、おすすめはラインにかからないくらいですが
今回はルーものなので、かためを目指してそれより、さんじゃらっと(少し)下にセット。

mizukagen (600x338).jpg
そして、うるがします(浸水)。
あとは炊飯器にバトンタッチ。

さぁ、待ちに待ったおかずです。
材料はこちら

zairyo (600x338).jpg
青森県産のりんご「ふじ」(青森のりんごおいしいですよ~)
手羽元
たまねぎ
合わせ調味料(ケチャップとか醤油とか酢とか・・・)
これらを使って、『りんごと手羽元のおひさまシチュー』を作ります。

さて、作業に進みましょう。

ringo (600x338).jpg
りんごは、蜜が入ってますねぇ。
それをすりおろしたものと、銀杏切りに。

ringosuru (600x338).jpg

ringokiru (600x338).jpg
手羽元はお湯をかけて下拵え

teba (506x600).jpg
次に

tyoumiryo (600x338).jpg
あわせ調味料(しょうゆ、ケチャップ、酢、水、カレー粉、にんにくすりおろし、しょうがすりおろし)を用意。

あとは、鍋に合わせ調味料とりんご・玉ねぎをぶち込んで

tyoumiryo2 (600x338).jpg

tamanegi (600x338).jpg
にだってきたら

tamanegi2 (600x338).jpg

手羽元を投入。

nebatamanegi (600x338).jpg
(ちなみに八人分です)

煮る。
しばしまつ。
完成!

kansei1 (600x338).jpg
どーでしょ?
素人にしてはうまくいったかな。味見を一回もしなかったけどね。

さて、炊き上がった青天の霹靂。

gohan (600x411).jpg
予定通りかため。狙い通り( ̄ー ̄)
回思うけど 粒おおきいよね。

これに、おひさまシチューを盛り合わせ、グリーピース、パセリをかけて

おひさまで青天の霹靂シチュー!

kansei2 (600x338).jpg
完成。
食べてみましょう。
いただきまーーーす!

kansei3 (600x338).jpg
おぉ! 青天の霹靂が汁を吸って、うまみを吸収!
口の中で サラサラ崩れてく、
噛めばきちん歯ごたえを感じる!

こりゃ旨い( ̄~ ̄)
米粒が大きくてしっかりしているからかな。
こうなると、炊き方次第でネチネチ感がなく、素晴らしくルーものに合いますね青天の霹靂!

この、青天の霹靂は 個人的に好みな口当たり。
素晴らしい(*ゝω・*)

おひさまシチューもちょっとすっけー(酸っぱい)けどお肉もやわらかく、りんごの甘みがいい感じ。
いちょう切りにしたりんごも芋っぽい食感になりました。
(酸っぱいのは酢を入れすぎたのかも。まぁ気にしない気にしない)

さて、今回のりんごと手羽元のおひさまシチュー。
料理しない私でも、簡単にできました。是非、皆様おためしあれ!

レシピはこちら。
一般社団法人 青森県りんご対策協議会HP
http://www.aomori-ringo.or.jp/recipe/detail/s003.php

青森りんごと
青天の霹靂で
青森の魅力たっぷり味わえます(^-^)

せば、まだの機会に、へばな~
(そうしたら、またの機会に、さようなら)