メニューアイコン
イベント情報

2019年 広告「ごはんが好きです」

蕎麦屋。電車のボックス席。野球場。朝の食卓。
青森の人々と「さっパリジャン」とのささやかな交流を通して
ごはんと人との関係を描きます。

TV-CM

●青森米「青天の霹靂」蕎麦屋篇 15秒

TV-CM 15秒

0:15

五所川原バス亭内「美味そば亭」にて。
食事をする男性とさっパリジャン。

●青森米「青天の霹靂」電車篇 15秒

TV-CM 15秒

0:15

津軽鉄道の車窓から。
お弁当を持って出かける若い夫婦とさっパリジャン。

●青森米「青天の霹靂」野球場篇 15秒

TV-CM 15秒

0:15

岩木山球場での少年野球の試合。
応援に来た父娘とさっパリジャン。

●青森米「青天の霹靂」朝の食卓篇 15秒

TV-CM 15秒

0:15

弘前のりんご農家の食卓にて。
朝ごはんを食べる娘とさっパリジャン。

おまけ動画

●青森米「青天の霹靂」 ※WEB限定公開おむすび篇 15秒

TV-CM 15秒

0:15

炊きたてのごはんをおむすびに。
さっパリジャンが生まれる瞬間!?

「青天の霹靂」PRムービー

「青天の霹靂」は、誰もが驚くような旨さを目指して誕生したお米。青森の実力のすべてがつまっています。青森の深い森の、水の、土の、そして人の力。悠久の自然がお米の旨さをささえ、米づくりの経験と情熱がこの新品種を生み出しました。その思いをこめて「青森は米です」「この米は、青森からの手紙」の2本の動画をつくりました。

青森は米です

0:51

この米は青森からの手紙

1:31

開発者インタビュー

新品種を生み出すためには、約10年の歳月がかかります。開発に従事した技術者、誕生した新品種の種籾(たねもみ)を育てている採種組合の担当者、「青天の霹靂」の栽培指導をしている普及指導員から、誕生までの苦労と喜びをお話します。

開発者

須藤さんの話

1:46

採種担当者

藤田さんの話

2:17

普及指導員

工藤さんの話

1:38