さっパリより、愛をコメて

青森お米「青天の霹靂」は、さっぱりだから美味しい。
それは甘さや粘りとはちがう、お米のあたらしいよろこび。
さっぱりだから、どんなときも、どんなおかずと食べても美味しい。
さっぱりだから、もっとごはんが好きになる。

2019年 広告「さっぱり、だから美味しい。」

蕎麦屋。電車のボックス席。野球場。朝の食卓。
青森の人々と「さっパリジャン」とのささやかな交流を通して
ごはんと人との関係を描きます。

TV-CM

  • 青森米「青天の霹靂」蕎麦屋篇 15秒
    ●青森米 「青天の霹靂」
    蕎麦屋篇 15秒
    五所川原バス亭内「美味そば亭」にて。
    食事をする男性とさっパリジャン。
  • 青森米「青天の霹靂」電車篇15秒
    ●青森米「青天の霹靂」
    電車篇 15秒
    津軽鉄道の車窓から。
    お弁当を持って出かける若い夫婦とさっパリジャン。
  • 青森米「青天の霹靂」野球場篇15秒
    ●青森米「青天の霹靂」
    野球場篇 15秒
    岩木山球場での少年野球の試合。
    応援に来た父娘とさっパリジャン。
  • 青森米「青天の霹靂」朝の食卓篇15秒
    ●青森米「青天の霹靂」
    朝の食卓篇 15秒
    弘前のりんご農家の食卓にて。
    朝ごはんを食べる娘とさっパリジャン。

おまけ動画

  • ●青森米「青天の霹靂」 ※WEB限定公開 おむすび篇 15秒
    ●青森米「青天の霹靂」 ※WEB限定公開
    おむすび篇 15秒
    炊きたてのごはんをおむすびに。
    さっパリジャンが生まれる瞬間!?

グラフィック広告

●新聞広告
2019年10月4日(金)東奥日報、陸奥新報、デーリー東北に掲載

さっパリジャン

さっパリジャンは、青森生まれのおむすび。
「青天の霹靂」と「さっぱりの美味しさ」を広めるべく、主に青森を、
ときどき全国を、たま〜に世界を旅しています。
そろそろあなたの食卓にも、お邪魔するかもしれません。

さっパリジャンが各地を巡る「さっパリ旅行記」を
公式 Instagram & facebook でご覧いただけます。

お米は、さっぱりへ

青天の霹靂は、さっぱりとしたお米です。
しっかりと大きめの粒はひとつひとつきりりと際立ち、
頬張ると口の中で心地よくほどけ、
後味はキレ良く、ついもう一口と箸が進みます。

もっちりとするほど、甘いほど、美味しい。
お米の味にはそんな常識があります。
もちろん、それは間違いではありません。
でもこれからは、好みや気分、季節や合わせるおかずによって
もっと多様なお米の魅力があっていいのではないか。
そう私たちは思うのです。

「さっぱりとした味わい」には、
きっとあなたがまだ知らない魅力があります。
これまでのお米のバリエーションの延長でははく、
まったく新しい存在として「さっぱり」に出会って欲しい。
お米の味や個性を楽しむことを、いま広く宣言したい。

さっぱり、それはお米のあたらしい美味しさ。
お米の新時代を、ぜひみなさまも体験してください。

「さっぱり=美味しい」の理由

食味を重視した
厳しい栽培・出荷基準

  • ●「ケイ酸」で土を健康に
    稲の葉や体が硬くなり病害虫にも強くなるため、農薬や肥料を削減でき、安全安心な米につながっています。
  • ●農薬を通常の1/2以下に
    通常は20成分ほどの農薬を組み合わせて使用するのに対し、青天の霹靂は10成分以下(特別栽培米は8成分以下)。
  • ●チッ素肥料の削減
    収量は増やせるがタンパク質含有率が高まり、味が落ちるとされている「チッ素肥料」を削減。
  • ●玄米タンパク質含有率の制限
    含有率 6.4%以下に制限。タンパク質が多いと、炊飯時の吸水を阻害するため硬くて粘りが少ない米になり、食味が低下すると言われています。
  • ●栽培農家を登録制に
    生産目標や作付地域、栽培及び出荷基準を定め、
    これらを遵守する生産者のみを登録することで
    良食味・高品質を維持しています。

衛星を使った栽培管理「青天ナビ」

衛星画像等のデータに基づいて、水田1枚ごとに生産管理をアドバイスをするICTシステム「青天ナビ」を活用しています。

  • ●収穫適期マップ
    衛星から見る色の違いによって、水田ごとに最適な収穫時期をアドバイスします。
  • ●タンパクマップ
    タンパク質の含有率の高い水田・低い水田を見分け、適切な施肥量をアドバイスします。

※平成29 年度 第3 回 宇宙開発利用大賞 農林水産大臣賞受賞

「さっぱり」応援コメント

「甘さが強すぎず、冷めてもぐっとうまみを感じられ、
いろいろな楽しみ方ができるお米だと思っています。
様々な料理と食べ合わせたり、お米料理にしたりと、
調理が楽しみになる、そんなお米です。」

料理家
「青天の霹靂」応援大使
栗原心平さん

※応援大使 栗原心平さんの活動は
「青天の霹靂」公式Instagram & facebookや、米日記で
ご覧いただけます。

▶「青天の霹靂」米日記へ
料理家 栗原心平さん
料理家 栗原はるみさんの長男。 一児の父。
(株)ゆとりの空間の代表取締役社長。会社の経営に携わる一方、幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。
仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。

※「青天の霹靂」 応援大使とは
「青天の霹靂」の魅力を広く青森県内外に紹介し、認知度向上を図るため
青森県に縁のある著名人に委託し、設置しているものです。

「口いっぱいに広がる、さっぱりとした米粒感と
やさしい粘り、上品な甘みののど越しが、
和食の繊細な味付けに良く合います。

こだわり米専門店「スズノブ」代表取締役
五ツ星お米マイスター
西島豊造さん
株式会社スズノブ 代表取締役
西島豊造さん
五ツ星お米マイスター(認定第302-13-077号)。東京都内で米穀専門店「スズノブ」を経営するかたわら、米に関する幅広い知識を活かし、新聞、テレビ、雑誌などで活躍中。