カレーにしませんか。

青森お米「青天の霹靂」は、
さっぱりだから美味しい。
さっぱりとしたお米には、
もっちり米とはちがう美味しさがある。
それをもっと多くの人に、
もっと気軽に実感してもらいたい。
そこで今年、青天の霹靂は
「カレーにしませんか」と
呼びかけることにしました。

「カレーライスの女」

WEBムービー

青天の霹靂が展開する「カレーにしませんか。」キャンペーンのWEBムービー。
とある夫婦の物語。

「わたしは、さっぱり」

コンセプトムービー 75秒

青天の霹靂が展開する「カレーにしませんか。」
キャンペーンのコンセプトムービー。
なぜ青天の霹靂がカレーなのか?
その理由をあなたに語りかけます。

「カレーライスの女・予告編」

WEBムービー予告編 30秒

青天の霹靂が展開する「カレーにしませんか。」
キャンペーンのWEBムービー予告編。
とある夫婦の物語。

カレー好きはコメ好き。カレーと食べると、青天の霹靂のさっぱりがよくわかる。

Q.なぜカレーなのか

A.カレーこそ、青天の霹靂のよき引き立て役

青天の霹靂は、カレーと食べるとその個性がよくわかります。ルーと合わせることで、粒だちや粒のほどけ具合、クセのなさなど、「これまでのもっちり米との違い」が際立ち、「さっぱりってこういうことか!」と感じられるのです。

Q.米にカレーは、当たり前なのでは

A.そうです。カレーの人気をお借りしたい

カレーは老若男女に愛される、もはや国民食です。そんなカレーの人気をちょっとお借りすることで、お米が好きな人だけでなく、沢山の方々に青天の霹靂と出会っていただきたい。気軽に「さっぱり」を実感してほしいのです。

Q.「カレー用のお米」なのか

A.違います。さっぱりを実感するための「カレー」です

カレーはあくまでも入り口。カレーをきっかけに「さっぱり」に出会うことで、次はあれに合わせてみよう。こう食べてみよう。そんな風に広がっていく可能性を秘めたお米です。

Q.どんなカレーでもよいのか

A.もちろんです。でも専用カレーもつくります。

おうちのカレーでも「さっぱり」は味わえます。
さらに、青天の霹靂の「さっぱり」を味わっていただくことだけを考えたレトルトカレーを開発しています。

※他のお米と食べないでください。

青天の霹靂「専用カレー」できました!!青天の霹靂「専用カレー」できました!!

完成! 豚とゴボウの
ビネガーカレー。

青天の霹靂の「さっぱり」を、
もっとも実感してもらえるカレーを。
そんな思いから誕生したのは、
青森県産の豚肉とゴボウがごろごろ入った
まろやかな酸味のスリランカ風カレー。
素材の旨味とサラッとした味わいが、
青天の霹靂の「さっぱり」を引き立てる、
一度食べたら忘れられない美味しさです。

500名様にプレゼント。

レトルトカレー1個(1人分180g)と
青天の霹靂2合パックのセットを、
抽選で500名様にプレゼントします。

「専用カレー」開発ストーリー

① レシピ開発

レシピ開発をお願いしたのは、青森県と縁が深くカレーにも詳しい編集者のツレヅレハナコさん。青天の霹靂の「さっぱり」を引き立てるカレーを!というオーダーに、油を使わずにつくる、サラサラとした「スリランカ風カレー」を提案いただきました。具材には青森県産食材をふんだんに使用。試食会で一同衝撃を受けたのが、お酢を入れた酸っぱいカレー。爽やかでクセになる味わいが、青天の霹靂の「さっぱり」にぴったり!お酢の割合などの細かな検討を経てレシピが完成しました。

② レトルト化に向けて

ツレヅレハナコ さんのレシピをレトルト化してくれたのは、青森ワイナリーホテル。南津軽郡大鰐町にあるホテル内の工場で、レトルト製品の製造を行なっています。統括総料理長により、レトルトならではの調理方法にあわせてレシピを調整。具材の大きさやスープの量も改めて検討し、たくさんの方々に味わっていただける青天の霹靂「専用カレー」が出来上がりました!

サッパリした「青天の霹靂」には、サッパリしたカレーが合うように思います。そこで思い浮かんだのが、スリランカ風のカレー。現地流にノンオイルで作るサラリとしたスープカレーに、 青森県産の豚肉のうまみとごぼうの風味をプラスしました。また隠し味に酸味を加えるのもスリランカカレーの特徴。ビネガーで後味をスッキリと引き締めています。お米の味がよくわかるサッパリカレー、ぜひお楽しみください。サッパリした「青天の霹靂」には、サッパリしたカレーが合うように思います。そこで思い浮かんだのが、スリランカ風のカレー。現地流にノンオイルで作るサラリとしたスープカレーに、 青森県産の豚肉のうまみとごぼうの風味をプラスしました。また隠し味に酸味を加えるのもスリランカカレーの特徴。ビネガーで後味をスッキリと引き締めています。お米の味がよくわかるサッパリカレー、ぜひお楽しみください。

レシピ開発 ツレヅレハナコさん

食と酒と旅を愛する編集者。レシピ本も多数出版。
インドやスリランカを旅して現地の家庭で料理を習うなど
カレーやスパイス料理への造詣が深く、
青森には何度も訪れている青森ラヴァーでもある。
Instagramアカウント: @turehana1

おうちで青天の霹靂の「さっぱり」を実感しよう。栗原心平さんのカレーレシピ

青天の霹靂応援大使である
料理家の栗原心平さんが、
「さっぱり」をおうちで実感できる
カレーレシピを開発してくれました。
さあ、あなたも作ってみよう。

りんごと長芋のスパイスカレー

さっぱりとした青天の霹靂に合う、トマトの酸味とりんごの甘みが際立つカレーです。
サラッとスパイシーなカレーとお米が抜群の一体感を生み出します!

材料(5~6人分)
鶏手羽元
10本(500g)
A
カレーパウダー 大さじ1
コリアンダーパウダー 大さじ1
カエンペッパーパウダー 大さじ1/2
ガラムマサラパウダー 大さじ1/2
クミンパウダー 大さじ1/2
塩 小さじ1
オリーブ油 大さじ1
長芋
250g
B
ガラムマサラパウダー 小さじ1
カレーパウダー 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
トマト
大2個(450g)
玉ねぎ
1個(300g)
りんご
1個(250g)
バター
15g
オリーブ油
適量
400㏄
小さじ2
温かいごはん(青天の霹靂)
適量
パセリ(みじん切り)
適宜
作り方
  1. 鶏手羽元は食べた時に骨から外れやすくなるよう、
    骨に沿って切り込みを入れる。
    ボウルに入れ、Aを加えて手でよくもみ込む。
    フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、
    皮目を下にして中火で焼く。
    焦げないように火加減を調節しながら両面を焼き、
    焼き色が付いたら火を止める。
  2. 長芋は皮をむき、1㎝幅の輪切りにしてボウルに入れ、
    Bを加えて混ぜ合わせる。
    フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、
    長芋を中火で焼く。
    焼き色が付いたら返し、両面に焼き色が付いたら
    ヘラなどで切るように大きく割る。
  3. 玉ねぎ、りんごはそれぞれ皮をむく。
    トマト、玉ねぎ、りんごをフードプロセッサーに入れ、
    ペースト状にする。
  4. 鍋にバターを熱し、③を加えて中強火にかける。
    沸いたら蓋をして5分ほど煮る。
  5. 水、①を加え(①のフライパンに残ったスパイスも
    こそいで加える)、再び沸いたら蓋をして
    弱火で25分ほど煮込む。
  6. ②を加えて蓋をし、さらに弱火で10分ほど煮込み、
    塩で味を調える。
  7. 器にごはん(青天の霹靂)を盛り、
    ⑥をかけてパセリを散らす。

青天の霹靂 応援大使

料理家 栗原心平さん

料理家 栗原はるみさんの長男。 一児の父。(株)ゆとりの空間の代表取締役社長。会社の経営に携わる一方、幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。季節ごとに何度も足を運ぶほどの青森好きで、2019年より青天の霹靂の魅力を広く発信する 青天の霹靂 応援大使 としても活動中。
2020年5月より、YouTubeチャンネル「栗原心平ごちそうさまチャンネル」を開設。
2020年10月26日には最新著書『おいしい酒肴(おつまみ)は白飯にも合う。』(平凡社)が発売。

さっパリジャン

さっパリジャンは、青森生まれのおむすび。
「青天の霹靂」と「さっぱりの美味しさ」を広めるべく、主に青森を、
ときどき全国を、たま〜に世界を旅しています。
そろそろあなたの食卓にも、お邪魔するかもしれません。

さっパリジャンが各地を巡る「さっパリ旅行記」を
公式 Instagram & facebook でご覧いただけます。

お米は、さっぱりへ

青天の霹靂は、さっぱりとしたお米です。
しっかりと大きめの粒はひとつひとつきりりと際立ち、
頬張ると口の中で心地よくほどけ、
後味はキレ良く、ついもう一口と箸が進みます。

もっちりとするほど、甘いほど、美味しい。
お米の味にはそんな常識があります。
もちろん、それは間違いではありません。
でもこれからは、好みや気分、季節や合わせるおかずによって
もっと多様なお米の魅力があっていいのではないか。
そう私たちは思うのです。

「さっぱりとした味わい」には、
きっとあなたがまだ知らない魅力があります。
これまでのお米のバリエーションの延長でははく、
まったく新しい存在として「さっぱり」に出会って欲しい。
お米の味や個性を楽しむことを、いま広く宣言したい。

さっぱり、それはお米のあたらしい美味しさ。
お米の新時代を、ぜひみなさまも体験してください。

「さっぱり=美味しい」の理由

食味を重視した
厳しい栽培・出荷基準

  • ●「ケイ酸」で土を健康に
    稲の葉や体が硬くなり病害虫にも強くなるため、農薬や肥料を削減でき、安全安心な米につながっています。
  • ●農薬を通常の1/2以下に
    通常は20成分ほどの農薬を組み合わせて使用するのに対し、青天の霹靂は10成分以下(特別栽培米は8成分以下)。
  • ●チッ素肥料の削減
    収量は増やせるがタンパク質含有率が高まり、味が落ちるとされている「チッ素肥料」を削減。
  • ●玄米タンパク質含有率の制限
    含有率 6.4%以下に制限。タンパク質が多いと、炊飯時の吸水を阻害するため硬くて粘りが少ない米になり、食味が低下すると言われています。
  • ●栽培農家を登録制に
    生産目標や作付地域、栽培及び出荷基準を定め、
    これらを遵守する生産者のみを登録することで
    良食味・高品質を維持しています。

衛星を使った栽培管理「青天ナビ」

衛星画像等のデータに基づいて、水田1枚ごとに生産管理をアドバイスをするICTシステム「青天ナビ」を活用しています。

  • ●収穫適期マップ
    衛星から見る色の違いによって、水田ごとに最適な収穫時期をアドバイスします。
  • ●タンパクマップ
    タンパク質の含有率の高い水田・低い水田を見分け、適切な施肥量をアドバイスします。

※平成29 年度 第3 回 宇宙開発利用大賞 農林水産大臣賞受賞

「さっぱり」応援コメント

「甘さが強すぎず、冷めてもぐっとうまみを感じられ、
いろいろな楽しみ方ができるお米だと思っています。
様々な料理と食べ合わせたり、お米料理にしたりと、
調理が楽しみになる、そんなお米です。」

料理家
「青天の霹靂」応援大使
栗原心平さん

※応援大使 栗原心平さんの活動は
「青天の霹靂」公式Instagram & facebookや、米日記で
ご覧いただけます。

▶「青天の霹靂」米日記へ
料理家 栗原心平さん
料理家 栗原はるみさんの長男。 一児の父。
(株)ゆとりの空間の代表取締役社長。会社の経営に携わる一方、幼い頃から得意だった料理の腕を活かし、自身も料理家としてテレビや雑誌などを中心に活躍。
仕事で訪れる全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。

※「青天の霹靂」 応援大使とは
「青天の霹靂」の魅力を広く青森県内外に紹介し、認知度向上を図るため
青森県に縁のある著名人に委託し、設置しているものです。

「口いっぱいに広がる、さっぱりとした米粒感と
やさしい粘り、上品な甘みののど越しが、
和食の繊細な味付けに良く合います。

こだわり米専門店「スズノブ」代表取締役
五ツ星お米マイスター
西島豊造さん
株式会社スズノブ 代表取締役
西島豊造さん
五ツ星お米マイスター(認定第302-13-077号)。東京都内で米穀専門店「スズノブ」を経営するかたわら、米に関する幅広い知識を活かし、新聞、テレビ、雑誌などで活躍中。